振袖

振袖の着こなす


新着情報

◎2017/11/30

振袖を格好良く着こなす着物術
の情報を更新しました。

◎2017/9/6

失敗しやすいポイント
の情報を更新しました。

◎2017/7/21

成人式の振袖の選び方
の情報を更新しました。

◎2017/5/9

振袖についての豆知識
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

振袖と着物の違いは?
の情報を更新しました。

◎2017/1/23

古典的な振袖の柄とは
の情報を更新しました。

「振袖 素材」
に関連するツイート
Twitter

振袖の素材について

振袖の素材について

未婚の女性の第一礼装が振袖です。
成人式や親族・友人の結婚式、結納、パーティーなどで着用するもので、とても華やかです。
振袖は、訪問着と同じで胸・肩・袖・裾に模様がつながっており、袖丈が長いのが特徴です。
袖を振る仕草が厄払いや清めの儀式につながるといわれます。
着物を着る機会が少なくなった今、良い着物を選びたいです。
特に振袖は、とても高価なものになります。
着物は生地の素材と柄の手間で違いがでます。
素材で有名なのは絹100%といわれる正絹です。
その中でも国産の浜ちりめんや丹後ちりめんが安心です。
最近では外国産のあるのでしっかり見分けた方が良いです。
見分け方としては、日本の絹製品は世界でも最高級の品質を誇りますので、国産の生地には「日本の絹」のマークがあります。
また良い着物は、しっかり厚手の生地が使われています。
最近では、お手頃だということでポリエステルもあります。
素材によって手入れの仕方も変わってくるので、注意しなければいけません。
見た目や価格を考慮に入れ、上質の物を永く使うことを選ぶか、流行を優先して気軽に選ぶかです。

定番の振袖にもオリジナリティを

やまとなでしこを演出する日本の美しい女性のイメージといえばやはり振袖です。
定番の振袖といえば赤を貴重にした女性らしいものが広く利用されています。
しかし、それだけだと面白味がないと思う方も少なく無いでしょう。
振袖を着る機会はそうそう多いものではありません。
晴れの舞台や、記念行事の際に着ることがほとんどでしょう。
そのときにはやはり、合う人達の印象に残る、美しいものを自分の身に纏いたいものです。
そうした場合、定番の赤色にワンポイントのオリジナリティ溢れる刺繍が施されたものを選ぶと良いでしょう。
あまりにも奇抜な色にしてしまうと、ただでさえ派手な印象が逆に浮いてしまう可能性があります。
振袖を着こなすコツは定番の色と基本を抑えながら、小さく、それでいて印象的な箇所にいかに自分のオリジナリティを入れられるかという点にあります。
社会人の方でしたら、赤色に黒を取り入れたものを着こなすと、ぐっと大人びた印象になります。