振袖

振袖の着こなす


新着情報

◎2017/11/30

振袖を格好良く着こなす着物術
の情報を更新しました。

◎2017/9/6

失敗しやすいポイント
の情報を更新しました。

◎2017/7/21

成人式の振袖の選び方
の情報を更新しました。

◎2017/5/9

振袖についての豆知識
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

振袖と着物の違いは?
の情報を更新しました。

◎2017/1/23

古典的な振袖の柄とは
の情報を更新しました。

「振袖 伝統」
に関連するツイート
Twitter

振袖に似合う男性のヘアスタイルは?

振袖に似合う男性のヘアスタイルは?

和服は日本の伝統的な衣装です。
成人式や結婚式など、おめでたい席にはきちんと身を包むことで、人間としての品格も上がります。
振袖は未婚の女性しか着ることはできませんが、エスコートする男性も、身だしなみを整えることが必要です。
とくにヘアスタイルは第一印象に強く働きかけますので、まずはここを工夫していきましょう。
まず、コスプレでもない限り、和服と長髪はマッチしません。
すっきりとした短い髪型こそが、清潔感を醸し出し、振袖と並んでも違和感がなくなります。
ただ短いからといって丸坊主にしてしまうと、僧侶を想起させるため避けたほうが無難です。
同様に強いパーマをかけてしまうと、強面な人ととられかねません。
髪の毛の色は、やはり黒が最適といえます。
あまり明るすぎるカラーに染めてしまうと、違和感を生じてしまいます。
もちろん地毛が多少赤みがかっていても、わざわざ染め直す配慮は不要です。
まずはヘアスタイルを整えて、振袖と並んだ際のミスマッチを防いでいきましょう。

カ振袖を格好良く着こなす着物術

振袖は、そでの長さによって3尺から、大、中、小とわけられますが最も華やかなのはもちろん大振袖です。
昔は、主に結婚式で花嫁が着用したようですが、現在は、成人式、結婚式やパーティーの参列者、着用することが多いようです。
現代女性の体格が良くなったので、3尺(およそ114センチ)の長さの袖の着物も着こなせる方が増えたのでしょう。
振袖選びには、その方に似合う色、柄が大切なのは言うまでもありません。
小物に、反対色を合わせて行くような、洋服とは少し違う着物独特の色合わせもありますから、着物に詳しい方のアドバイスも参考にして、似合う着物を選びたいものです。
そして、さらに、着物の時の立ち居振る舞いも重要です。
洋装のときと違って、腕も上げにくく、足の運びも悪いことを意識したいものです。
腕を上げるときは軽く反対の手を添える、歩くときにはあまり大股ならないように。
しかし、ちょこちょこ歩いては優雅さに欠けます。
着付けが済んだら、足元を良くさばき、ひとあしごとにスタッスタッと潔く歩きましょう。
お辞儀をする場合も、膝から折れないように、腰から上をシャキット伸ばして静かに会釈しましょう。
美しいお着物だけが印象に残ったとならないように、美しく着こなす事をお勧めします。